診療検査部の特徴

診療放射線技師の担当する検査項目


一般撮影検査

いわゆる「レントゲン写真」です。
X線を照射し、その吸収の差を利用して画像にします。



CT検査

体の軸に対して360度方向からX線を照射することにより断面図をつくる検査です。
頭蓋内出血や、肺気腫、肝炎、細かい骨片の検出などに優れています。



MRI検査

こちらはX線を使用しません。
磁力と電磁波の力をつかって検査します。
X線を使用しないため被ばくがないこと、対象の質的診断が可能なことが主なメリットです。
靭帯や筋肉など柔らかい部位の検出に優れています。


CTとMRIはよく混同されますが、まったく別種の検査となります。
また、どちらが優れている、ということはなく症状や部位に応じて適した方を選択するのが普通です。

X線透視撮影(X線TV)検査

胃や大腸の造影検査、いわゆる「バリウム検査」です。
健康診断などで受けた覚えがあるかたも多いかも知れません。
それ以外では脱臼や骨折などでずれてしまった骨の整復、嚥下造影などにつかわれます。


骨塩定量検査

骨の状態をみる検査です。
骨密度測定とも呼ばれ、骨粗鬆症の判定に用います。
当院ではDEXA法を用いて測定します。

臨床検査技師の担当する検査項目


心電図検査

心臓の収縮の際生じる電流を図形化したもので心臓の病気を見る検査です。




血液検査

白血球、赤血球、血小板などを測定します。血液像では顕微鏡を使い白血球の分類を行っています。



その他、尿検査、生化学検査なども行っています。
MRI検査も担当しています。

医療法人 歓喜会

歓喜会ロゴ
地域の皆様に密着した
医療介護サービスを提供
医療サービス
介護サービス

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

Tel 06-6772-9955

平日 9:00~17:30

メールでのお問い合わせ